【2019年】神戸マラソン出場ランナー受付は当日不可!時間、場所、最寄駅は?

その他

令和最初の神戸マラソン(2019年11月17日開催、第10回大会)が近づいてきましたね。

例年通り、マラソンコースに沿った道路や街中で、出場者と思しきランナーの姿を見かけることが増えてきました。最終調整に入っている人もいると思いますが、なんか急に現実的になって焦っている人も多いのでは(私がそうでした…笑)。

281107

さて、すでに「参加案内」の配付が公式サイトからダウンロードするかたちで行われています。まだ見ていない人は、早めの確認をおすすめします。

ここでは、出場ランナーにとって特に大切な出場受付について、その日程や場所などを補足してお知らせしたいと思います。その受付をしないと出られませんので。

そして、その一番の注意点は、大会当日ではなく 前々日と前日に行われるということです。当日は一切受付してくれません。

それでは、神戸マラソンの出場受付について確認しておきましょう。

ランナー受付の日時

神戸マラソンに出場するには、先に「ランナー受付」を済ませておかないといけません。この時に、出場の際に必要なナンバーカード(ゼッケン)、計測チップのほか、手荷物袋や参加記念品などが手渡しされます。

ランナー受付の日時は次の通りです。

  • 11月15日(金)13:00~20:00
  • 11月16日(土)10:00~19:00

特に遠方から前乗りされる人は、神戸に到着する時間に注意してください。それぞれ20時、19時に受付場所に着けば大丈夫です。

受付会場の場所とアクセス(最寄駅)

受付会場

ランナー受付の会場は、ポートアイランドにある「神戸国際展示場」という施設です。


受付期間中に同じ会場で「神戸マラソン・エキスポ」も開催されます。大会ゲストのトークショーや協賛各会社の展示即売会、兵庫県のグルメなどが楽しめるイベントです。

エキスポの方には、ランナー以外の人も無料で入場できます。


交通アクセス(最寄駅)

ランナー受付に車やバイクで来場することは禁止されていますので、電車やバスでアクセスしてください。

電車の方が便利で、最寄り駅はポートライナーの「市民広場」駅です。神戸国際展示場はその駅前にあります。

神戸マラソン「ランナー受付場所」へのアクセス方法、最寄駅

ポートライナーは三宮駅と神戸空港とを結んでいる無人運転の電車です。市民広場駅へは、三宮駅から約16分、神戸空港から約8分です。三宮駅、神戸空港駅から出る電車は全て停まります。

本数は多くて、三宮駅からは3~5分間隔で、神戸空港駅からは5~7分間隔でありますので便利です。運賃は片道250円です。

ポートライナーを利用する際、大会にあわせて発売される「神戸マラソン記念乗車券」という割引切符を使うと電車代がちょっとお得になります。

⇒ポートライナー代を節約!ランナー向けの「神戸マラソン記念乗車券」について

※市民広場駅の国際展示場のある方向の反対側は、神戸マラソンのゴール地点「市民広場」になります。受付を済ませた後は下見しておくといいですよ。

神戸マラソン「ランナー受付場所」の日時、場所、アクセス方法、最寄駅は?

受付に持っていくもの

ランナー受付には、次のものを持っていく必要があります。忘れないようにしてくてください。

  • ナンバーカード引換証(事前に郵送されてくるハガキ)
  • 本人確認書類の原本(運転免許証、健康保険証、パスポート、個人番号カードなど)

本人確認書類のコピーはダメです。大会当日は「健康保険証」を携帯する必要がありますので、これを本人確認書類とするといいと思います。

 

くどくなりますが、出場受付は大会当日ではなく、前日の19時までに済ませること。今のうちから、ちゃんと予定組みしておきましょう。

それと、これからの時期は何よりも体調管理が大切です。特に朝と夜の寒暖の差が大きい季節ですので、心身ともに健康な状態で大会に臨めるように十分注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました