スポンサードリンク

ランニングで出来た肌のシミを改善した美白クリーム

ランナー、ジョガーの悩み「シミ」


7c89f1a36c730e27402033ec04b0ad03_s

ランニングやジョギングの悩みの一つが、特に女性の場合はお肌のシミではないでしょうか。

日焼け止めを塗りまくっていても、顔はもちろん、手足や首元などにもできていることがあります。私が参加しているランサークルの中でも、シミ対策はいつも大きな関心事です。


170217
シミは紫外線の刺激から肌を守るために作られたメラニン色素が肌の内部に残ってしまったもの。

通常なら、作られたメラニン色素は皮膚の新陳代謝(いわゆる「ターンオーバー」)によって、肌の中から表面に押し出されて垢となって排出されて、残らないのですが、加齢やストレス、生活習慣の乱れなどによって新陳代謝が低下すると、メラニン色素がうまく排出されずに肌の奥に居残って(沈着)しまって、黒ずんでシミになってしまいます

日中にランニングやジョギングすると、1、2時間は紫外線に晒されるので、毎回シミとの戦いです。紫外線対策なら夜に走るのが最善です。

 

シミを改善する「ハイドロキノン」

サークル仲間の一人がシミ対策に効果的な化粧品を見つけてきて、サークル内ではちょっとしたブームになっています。それは、「ハイドロキノン」という成分が配合されたもの。

初めて聞いた名前でしたが、このハイドロキノンには2つの働きがあるとのこと。シミに悩んでいる人には魅力的です。

■メラニン色素を作りだすメラノサイトという細胞の働き自体を抑える働き
■肌の奥に沈着してメラニン色素を減らして、黒ずんだ色を漂白する働き

特に漂白効果はハイドロキノンならではの特長で、即効性もあるので皮膚科でも処方される成分だとか。ただこのハイドロキノンは肌への刺激が強いので、配合量(濃度)が少ないものから使うなど注意が必要です。

 

ハイドロキノン低配合の始めやすい美白クリーム

そのサークル仲間が紹介してくれたハイドロキノン配合の化粧品はビーグレンというアメリカのブランドの「QuSomeホワイトクリーム1.9」というクリームです。配合量は1.9%で低濃度。毎日夜に気になる部分や顔全体に塗って使います。

cats270901

実際に使ってみると、分かりにくいですが、私の場合下の画像のように約3か月でシミが改善しました。今まで使った化粧品の中では一番効果を実感しました。

変化の兆しを感じたのは3週間ぐらいです。新しく出来たばかりの浅いシミだと2週間ほどで目立なくなる場合もあります。

心配だった肌への影響もありませんでした。ちなみに、サークルの他のメンバーも特に合わない人はいませんでした。

simi270901
やっぱりシミは嫌なものです。走った後はしっかりシミ対策のケアが大切です。神戸マラソンが行われる11月もまだ紫外線は多いです。 「QuSomeホワイトクリーム1.9」は低濃度で、トライアルセットが用意されていて、しかも365日間返金保証もあるので始めてみやすいと思います。

 

↓こちらのサイトにまとめてみました。よかったら参考にしてください。

ランニング・マラソンの悩み。肌のシミを消す方法と紫外線の対策

 

広告

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ