神戸マラソン記念乗車券発売!ランナー受付やゴール帰りのポートライナー代を節約!

神戸マラソンに出場するランナーのみなさんは、大会の前々日か前日に必ず受付の手続きのために、会場になっているポートアイランドの市民広場近くにある「神戸国際展示場」へ行かなくてはなりません。また、マラソンの当日はゴール地点もポートアイランドの市民広場です。このように、多くのランナーは、ポートアイランドの市民広場へ2日にわたって2回行くことになります。

ポートアイランドの市民広場と三宮や神戸空港との間の移動は、電車(ポートライナー)利用が便利なのですが、ランナー手続きやゴールからの帰りなどに使える「神戸マラソン記念乗車券」という割引切符がポートライナーで発売されます。電車代をちょっと節約できます。

※車でランナー受付会場へ来場することやゴール地点に送迎することは禁止されています。

ポートライナー「神戸マラソン記念乗車券」の内容

ポートライナーの「神戸マラソン記念乗車券」は、ランナー受付期間(11月16日、17日)とマラソン当日(11月18日)の3日間のうちに、ポートライナーの三宮駅・神戸空港駅~市民広場駅間の運賃の250円区間が片道3回利用できる割引切符です。乗り放題ではありません。

ランナー受付へ行き帰り(2回)とゴール地点からの帰り(1回)の利用を想定していますが、ランナーでなくても、マラソンに全く関係なくても、誰でも買うことができます

「神戸マラソン記念乗車券」の値段

「神戸マラソン記念乗車券」は大人用のみの発売で、値段はこうなっています。

大人用 700円

ポートライナーの250円区間が3回利用できる切符なので、本来は750円のところが50円割引となっています。

「神戸マラソン記念乗車券」の発売期間と有効期間

発売期間

2018年(平成30年)11月9日~11月18日

「神戸マラソン記念乗車券」は5,000枚の数量限定となっています。上記の期間内でも売り切れると販売が終了します。

有効期間

2018年(平成30年)11月16日(金)~11月18日(日)の間に片道3回乗車できます。

繰り返しになりますが、使えるのはランナー受付と大会当日を合わせた3日間です。

「神戸マラソン記念乗車券」の発売場所(購入場所)

「神戸マラソン記念乗車券」は、下記の2か所で買えます。

  • ポートライナー三宮駅(インフォーメーション)
  • ポートライナー神戸空港駅

何人かと一緒なら「時差回数券」がおすすめ

家族や仲間と一緒に行動するのでしたら、「神戸マラソン記念乗車券」よりも「時差回数券」を使った方が安くつきます。

「時差回数券」とは、使える時間帯が「平日の10:00~16:00」と「土日祝の終日」と限定されている分、割引率が高くなっている回数券です。複数人で分け合って使うことができます。

ポートライナーの「時差回数券」の場合は、5回分の運賃で6回利用できる「6回券」と10回分の運賃で12回利用できる「12回券」の2種類があります。6回券があるので少人数でも使いやすいです。「神戸マラソン記念乗車券」と値段を比べるとこのようになります。

(250円区間) 発売価格 片道1回あたり 有効期間
時差回数券 6回券 1,250円 約208円 3ヶ月間
神戸マラソン記念乗車券 3回分 700円 約233円 11月16日~18日

「時差回数券」はポートライナー各駅の券売機で買えます。「時差回数券」は1枚のカードですが、券売機で人数分の切符と引き換えができます(引き換えた切符は。その日しか使えません)。

ただ、ランナー受付を11月16日(金)に行う場合だけ、回数券の使える時間帯に注意が必要です。

ポートライナーの公式サイト

「神戸マラソン記念乗車券」や「時差回数券」について詳しくは、ポートライナーの公式サイトで確認ください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ