神戸での宿泊に「ふっこう周遊割」が使える!補助金で料金割引【期間延長】

今年7月の「西日本豪雨」は神戸も襲い、一部の地区で土砂崩れなどの被害が起きました。

その「西日本豪雨」の被災地に対する支援策として、国では対象の13府県で宿泊する場合に、その費用の一部を補助する「ふっこう周遊割」という取り組みを11月30日まで実施しています。神戸市もその対象地域となっています。


期間中に神戸市内の市内のホテルや旅館を宿泊する際に「ふっこう周遊割」を利用することで、料金が割引になります。神戸マラソンの宿泊にも使えます。ただ、「ふっこう周遊割」の利用には条件があります。

ここでは「ふっこう周遊割」の内容や使い方についてまとめました。

※9月21日に対象地域が拡大し、条件が緩和されました。
※10月24日に対象期間が2019年1月31日宿泊分まで延長されました。

「ふっこう周遊割」の対象地域

西日本豪雨の「ふっこう周遊割」の対象地域は、下記の13府県となっています。これらの地域のホテルや旅館に宿泊すると補助金が出ます。

  • 【中部】岐阜県
  • 【関西】京都府(京都市は除きます)、兵庫県
  • 【中国】鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
  • 【四国】香川県、徳島県、愛媛県、高知県
  • 【九州】福岡県

「ふっこう周遊割」が利用できる期間

西日本豪雨の「ふっこう周遊割」は、下記の期間限定で実施されています。期間が延長されました!

2018年(平成30年)8月31日~2019年(平成31年)1月31日の宿泊分まで(8月24日以降予約分から)

「同一府県2連泊以上」の利用は

2018年(平成30年)10月1日~2019年(平成31年)1月31日の宿泊分まで(9月21日以降予約分から)

ただし、「ふっこう周遊割」は、国の支援金制度を活用しますので、期間中でも予算が上限に達してしまうとその時点で終了となります。つまり早い者勝ちです。

「ふっこう周遊割」の内容

「ふっこう周遊割」は、神戸市を含む対象の13府県でホテルや旅館などで宿泊すると、下表の補助金がもらえます。ただし、条件があって、2府県以上をまたぐで連続した2日以上宿泊、あるいは同一府県で2連泊以上することが必要となります。

例えば、神戸で2連泊、あるいは1泊して翌日は岡山で1泊すると「ふっこう周遊割」の条件に合うので、1人あたり4,000円+6,000円で10,000円の補助を受けれらます。神戸で連泊すると8,000円です。これは大きいですよね。

岐阜・京都・兵庫・鳥取・島根
山口・香川・徳島・高知・福岡
1人1泊につき
最大4,000円
岡山・広島・愛媛 1人1泊につき
最大6,000円

ちなみに、利用する宿泊施設は、旅館業法の規定によって許可を受けたところ限定となっています。小難しいですが、予約サイトに掲載されているようなホテルや旅館、ゲストハウスなら問題ありません。ただしラブホは旅館業法外の場合がほとんどなので確認が必要です。

※補助の金額は宿泊料金が上限になります。例えば神戸で3,500円のところに宿泊した時は補助額は3,500円となります。宿泊料金以上の補助金は出ません。
※1府県あたり最大5泊までが対象となります。

「ふっこう周遊割」の使い方

宿泊後に事務局へ申請します

いつも通りにホテルや旅館を予約して実際に宿泊したあと、事務局に「ふっこう周遊割」の補助を申請します。確認の後に問題がなければ補助金が交付されます。宿泊料金はとりあえず全額払っておいて、あとから補助金分が戻ってくる流れです。

(1)宿泊予約します。

予約の際は、上述の「ふっこう周遊割」の対象府県や条件に注意してください。

※神戸マラソンに便利なホテル

(2)申請用の書式を入手します。

書式は「ふっこう周遊割」公式サイトからダウンロードできます。

(3)宿泊します。

ホテルや旅館に着いたら、(2)の書類のうちの「宿泊証明書」への記入や捺印を依頼します。

(4)必要書類を事務局へ郵送します。

宿泊しあと必要書類を準備して、宿泊日から15日以内に「ふっこう周遊割」の事務局あてに郵送します。書類に記入する内容は難しくはありません。

事務局は各府県に設置されていますので、神戸で泊まったホテル分は兵庫県の事務局へ、岡山の旅館分は岡山県へといったようにに、宿泊施設ごとそれぞれに送らないといけません。

(5)補助金が振り込まれます。

「ふっこう周遊割事務局」で書類を確認して、不備など問題なければ30日以内に指定した銀行口座へ補助金が振り込まれます。

このように流れをみると、「ふっこう周遊割」の申請には手間がかかって面倒臭いですが、1人8,000円~12,000円が戻ってきますので、手続きする分の値打ちはあると思います。

まとめ

「ふっこう周遊割」は、「連続2泊以上」という条件があって使いづらい面がありますが、この条件に上手く合わせることができれば、かなりお得に旅行が楽しめます。そして宿泊費の浮いた分は、少しでも現地で食事や買い物、お土産に回すようにすると被災地の支援につながります。

神戸マラソンの宿泊に、せっかくなので「ふっこう周遊割」を利用してみてください。

 

西日本豪雨の「ふっこう周遊割」の最新情報については公式サイトで確認ください。申請書類のダウンロードもできます。

「13府県ふっこう周遊割」お知らせサイト

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ