スポンサードリンク

神戸マラソン2018(第8回)の倍率は若干上昇。エントリー状況発表!

倍率は3.74倍と若干UPしました。

神戸マラソン2018(第8回大会)の参加申し込み(エントリー)が5月14日に締め切られましたが、その状況が下表のとおり発表になりました。

今回(第8回) 前回(第7回) 前々回(第6回)
定員 20,000人 20,000円 20,000円
個人エントリー 64,668人
グループ2人 7,048人
グループ3人 3,135人
合計 74,851人 74,616人 75,097
倍率 3.74倍 3.73倍 3.75倍

今回のエントリー数は前回より235人と少し増えて、倍率も3.74倍に上がりました。しかし、申し合わせたように、エントリーの傾向としては前回、前々回と大きく変わらない状況です。運営者側としては安定した集客で結構なことでしょうが、申し込んだ方には狭き門が続くことになりました。

男女比はほぼ変化ありませんでした。

今回のエントリーの内訳ですが、まず男女の割合は、男性が78.4%で 女性がは21.6%でした。これも前回もほとんど同じ傾向となっています(前回は男性が78.7%、女性が21.3%)。



初出場者枠は初めて減少しました。

エントリーの優先枠のひとつ、「神戸マラソン初出場枠(定員2,000人)」を利用した人の数は、29,858 人で全体の39.9%でした。前回が30,478 人 (40.8%)で、枠が設けられてから増加傾向にあったのですが、今回初めて減りました。リピーターが増えたのでしょうか。

兵庫県民のエントリーの減少傾向が止まりません。

エントリーの地域別では、兵庫県内からは25,352 人(33.9%)、兵庫県外からは48,540 人(64.8%)、県外のうち関西からは22,614 人(30.2%) となっています。

兵庫県内からのエントリーは年々減り続けていて、今回も前回(25,527 人、34.6%)よりも少なくなりました。地元の人間は飽きてきたのか、大阪マラソンに流れたか、というところでしょうか。

一方、海外からのエントリーは増えていて現時点で 959 人 とのことです(前回は881人)。

抽選結果の通知日は6月12日です。

出場できるかどうかの抽選結果は、2018年(平成30年)6月12日(火)に、エントリーした人全員にメールで通知されます。あわせて、RUNNETの「マイページ」でも確認できるようになります。

ちなみに、私も平成最後の神戸マラソンということで、ダメ元でエントリーしました。さて、どうなるかな。今はただ待つのみです。

広告

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ