神戸マラソン2018が始動!開催日、参加資格、定員、費用、エントリーは?

第8回神戸マラソン(神戸マラソン2018)」が始動しました!実施要項が発表されましたので、日程やコース、参加費用、参加資格、エントリー方法などの要点を紹介します!

今回は前回(第7回大会)の内容と大きな変更はありませんでした。

開催日

2018年(平成30年)11月18日(日

11月の第3日曜日になります。出場者(ランナー)の受付は当日ではなく11月16日(金)と17日(土)に行われますので、日程確認の際は注意してください

当日は 9:00からウェーブ式で順にスタートします。前回は9:00と9:15の2段階で行われました。



コース

種目は「フルマラソン(42.195km)」のみです。

神戸の中心、三宮にある神戸市役所前をスタート地点として、市内西部へ向かい明石市との境に近い西舞子(くら寿司駐車場)で折り返し、ゴール地点は神戸港内のポートアイランドの「市民広場」になります。

ちなみに、前大会は同じコースで完走率は96.1%でした。

制限時間

7時間

当日はコース上に関門が設置されて閉鎖時刻が設定されています。前回は11か所ありました。閉鎖時刻に間に合わなければ競技中止となります。

例えば、9:00/9:15スタートで、20.3km地点12:18、34.1km地点14:31、41.0km地点15:46となっていました。

募集定員

20,000人(特別枠を含む)

参加資格

2000年(平成12年)4月1日以前に生まれた人で、フルマラソンを6時間30分以内に完走できる人。

参加費用

一人10,300円(参加賞つき)

別途、事務手数料540円が必要です。支払い方法はクレジットカードかコンビニ払いになります。

参加申込(エントリー)の受付

参加申し込み(エントリー)の受付は、「応援ランナー枠」が先に行われ、一般枠と特別枠はそのあとになります。

「応援ランナー枠」の先行受付

応援ランナー枠」は神戸市や兵庫県に「神戸マラソン開催応援プロジェクト」に寄付するかたちで10万円以上を「ふるさと納税」した人が対象です。寄付の特典として出走権(1名分)がもらえます。前回の定員(200人)より増えました。

参加料は必要です。また、納税者と出場者は別でもOKです。

定員

神戸市175人、兵庫県175人(先着順

受付開始

2018年4月2日(月)正午~

一般枠・特別枠の受付

前回同様に一般の抽選の前に抽選を受けられる特別枠が設けられています。「シード枠」以外は、抽選に漏れても一般の抽選が受けられます(ダブル抽選)。

優先特別枠

■シード枠

前回(第7回)神戸マラソンの上位成績者が対象の特別枠です。

具体的には、総合男子で200位、総合女子で100位 (グロスタイム)までの人と、年代別男女それぞれ10位(ネットタイム)までの人となります。

  これらに該当する人は抽選無しで出場できます

■キラキラ女子ランナー枠

女性限定の定員は500名の優先枠です。抽選に漏れた場合は一般抽選に回ります。

■初出場枠

これまで神戸マラソンに出場した経験がない初出場の人が対象の定員2,000名の優先枠です。抽選に漏れた場合は一般抽選に回ります。

■年代別チャレンジ枠

2016年4月~2018年3月の間の日本陸上競技連盟公認大会で、神戸マラソンの事務局が年代と性別ごとに設定した「標準タイム」以内の ベストタイムを持っている人が対象の優先枠です。

例えば40~44歳では男性が3時間18分、女性が3時間48分となっています。エントリーの際は記録証の写しを提出しなければなりません。抽選に漏れた場合は一般抽選に回ります。
※年代別の標準タイムは公式サイトで確認ください。

エントリー受付期間

2018年4月5日(木)10時~5月14日(月)17時

エントリ宇―受付はインターネットのみになります。抽選の結は6月12日予定でメールで通知されます。

 

いよいよ始動した今年の神戸マラソンについて詳しくは公式サイトで確認ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ