ランニングやマラソン中に「過呼吸」が起きたらどう対処する?

ランニングやトレーニングをしているときやマラソンの真っ最中に、
予期せずに息が吐けずに呼吸が苦しくなる「過呼吸」という症状に
襲われることがあります。

過呼吸は医学的に「過換気症候群」と呼ばれていて、
激しい運動や過度の緊張や不安、ストレスなどによって
呼吸の回数が増えることで、酸素の吸い過ぎとなり、
体内の二酸化炭素が極端に不足するために起きます。

過呼吸が走っているときやトレーニング中に起きたときは中断して、
息をゆっくりと深く吐いて、呼吸を整えるようします。

その時は二酸化炭素が不足している状態なので、
口や鼻を「軽く」手で覆って、自分の吐いた息を吸うようにすると、
10分ほどで呼吸が落ち着いてきます。
(口や鼻を密閉してしまうと、逆に酸素不足になるので注意)

呼吸を意識しすぎると、かえって息が苦しくなることがありますが、
そのようなときは、歌を口ずさんだり、人と会話をすると
自然な呼吸に戻りやすくなります。

私もランニング仲間と走っているときに、
過呼吸を2回経験したことがあります。
初めての時は死ぬかと思うほど苦しくてパニくりましたが、
2回目は落ち着いて対処できました。

過呼吸は苦しくて死にそうですが、
息はできている状態なので、
落ち着いて対処することが大切です。

周りの人が過呼吸になったら、
慌てずに、背中をさすってあげながら、
ゆっくりと呼吸をするように促してあげましょう。
(私もこれで落ち着きました)

ただ、過呼吸の症状が1時間以上続いたり、
その後も何度も繰り返し起きる場合は病院を受診しましょう。

参考:NHKランスマ(H30.1.13)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ