神戸マラソン大会当日の集合やスタート時間と場所、ここに注意!

 

神戸マラソン大会当日の集合からスタートまでの流れと注意しておきたいことなどをまとめました。

(0)自分のスタート位置を確認しておきましょう。

神戸マラソンのスタート地点は、三宮の神戸市役所前のフラワーロードです。


神戸マラソンでは、スタート時刻が9:00の「第1ウェーブ」と9:15の「第2ウェーブ」の2段階に分かれています。さらに、それぞれのウェーブ内で、ランナーごとにスタート位置(=ブロック)が決められています。

まずは、自分がどちらのウェーブなのかを確認ておきましょう。ウェーブによって集合場所やそこへ向かうまでの経路が違います。もし集合場所を間違うと移動で余計な時間や体力がかかってしまいます。

(1)集合場所へ向かう。

スタート地点の前に、7:00から8:30までの間に集合場所に行って、手荷物を預けたり走る準備をする必要があります。先に触れたように、集合場所はスタートのウェーブごとに2か所に分かれています。

集合場所

第1ウェーブの人の集合場所は、神戸市役所の南隣の「東遊園地」という広場です。

第2ウェーブの人の集合場所は、市役所の南東にある「みなみの森公園」です。

集合場所までの経路(道筋)

それぞれの集合場所へ向かう三宮駅からの経路も、図のようにフラワーロードを挟んで東西で完全に分けられています

経路上には案内板が設置されていたり、係員が立っていますので、迷うことはありません。ただ、集合場所を間違うと、フラワーロードを横断できる箇所が規制で限られているので、大回りをしないといけなかったりして移動に時間がかかります。(赤・青間行き来できるところがほとんどありません)。

三宮駅に着くと、土地勘のない人は無意識にマラソンの服装をした人の流れについていってしまいがちです。三宮駅からルートが分かれますので、あらかじめ自分の集合場所を確認して目指しましょう。

(2)走る準備をします。

集合場所に着いたら走る準備をします。ゼッケンや計測器の取り付けも確認してください。着替えには更衣場所(テント)が設けられています。ただ、場所が限られているので時間帯によっては混雑しますので、自宅や宿泊場所からはある程度の走る服装をしてきた方がいいです。


※受付の際に配られた黄色の手袋(ひまわりの手袋)は出発式の際に使うので着けてください。ただ強制ではありません。
※指定の更衣場所以外での着替えは禁止されています。

(3)手荷物を預けます。

着替えた服や私物などは、ランナー受付の時に配付された指定の手荷物袋に入れます。それを集合場所にはスタートのブロックを表示したトラックが停まっていますので、自分のブロックの係員に渡します。受付時間は7:00から8:30です。預けた手荷物は、このままゴール地点まで運搬されます。

※一度預けると取り出しできませんので注意してください。
※預ける際と返却してもらう際には、ゼッケン(ナンバーカード)を提示します。

(4)いよいよスタート場所へ。

走る服装や準備を整え、手荷物を預けて身軽になったら、決められた時間に遅れないように、それぞれ指定されたスタートブロックに向って整列します。時間に遅れると出場できません。また、時間内に整列できなかった人は第2ウェーブの最後尾に回されます。

  • 第1ウェーブ:7:30~8:50(S・A・B・C・D・E・Fブロック)
  • 第2ウェーブ:7:30~9:05(G・H・J・K・L・Mブロック)

タイミングによって、スタート場所に入るチェックゲートがかなり混雑して行列ができます。時間に余裕をもって入場ましょう

そして、8:40から市長の挨拶などちょっとした出発式があり、その後9:00に第1ウェーブ、9:15 第2ウェーブと順次スタートとなります。

※スタート地点には出場者以外は入れません。また市役所前の沿道もほとんど規制されています。スタート地点の見物や応援は難しいです。

スタート地点周辺は、2万人という大人数が集まるので、何をするにしても余計に時間がかかって自分の見込み通りには進まないということがありえます。当日はバタバタすると本当に良いことはありませんので、時間に余裕をもって早めに行動するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ