沿道応援に便利な切符「神戸マラソン1dayチケット」発売!値段も格安!

第8回神戸マラソン(2018年11月18日開催)の沿道応援や観光に便利な乗り放題切符「神戸マラソン1dayチケット」が前回に引き続いて山陽電車から発売されます。

「神戸マラソン1dayチケット」の内容

「神戸マラソン1dayチケット」は、神戸マラソンのコースに沿った山陽電車の区間が1日乗り放題で利用できる切符です。

「神戸街めぐり1dayクーポン」よりも利用できる範囲は少ないですが、マラソンコースの約6割を網羅しています。特に折り返し地点を含めた神戸市の西部へのアクセスに便利でです。

神戸マラソンの当日は、あちらこちらで道路の交通規制が行われていますので、コースに沿っての移動は電車をい利用した方が確実です。応援に行く方は参考にしてください。

⇒有効区間がより広い「神戸街めぐり1dayクーポン」

「神戸マラソン1dayチケット」の有効区間

「神戸マラソン1dayチケット」が利用できる区間は、阪急電車・阪神電車の神戸三宮駅~山陽電車の西舞子駅の間です。この区間内であれば1日中何回でも乗り降りができます。

この山陽電車の区間は、神戸マラソンのコース図の赤線にだいたい沿っています。西舞子駅が折り返し点の最寄駅です。

マラソンの応援以外にも沿線の観光地などへのアクセスにも使えます。

※有効区間内の主な観光地(参考)
明石海峡大橋・舞子公園(舞子公園駅)、五色塚古墳(霞ヶ丘駅)、マリンピア神戸(垂水駅)、須磨浦公園(須磨浦公園駅)、須磨寺(須磨寺駅)、須磨海浜水族園・須磨離宮公園(月見山駅)、鉄人28号(西代駅)、東山商店街(湊川駅)、湊川神社・ハーバーランド(高速神戸駅)、南京町・メリケンパーク(元町駅)

発売期間と有効期間

「神戸マラソン1dayチケット」は神戸マラソンに合わせた切符ですが、発売期間や有効期間は長めの設定になっています。

  • 発売期間:2018年11月1日(木)~11月18 日(日)
  • 有効期間:2018年11月1日(木)~11月18 日(日)のうちの1日(改札機を通した日)。

※5000枚の数量限定発売です。

「神戸マラソン1dayチケット」の料金

「神戸マラソン1dayチケット」は、大人用のみ発売です。

大人 600円/枚

※JRで三ノ宮駅から舞子駅まで片道の普通運賃は300円、山陽電車の場合は神戸三宮駅から西舞子駅までは片道510円なので、「神戸マラソン1dayチケット」はかなり安い金額設定となっています。

※ゴール地点のポートアイランドの市民広場へ行く場合は、有効区間外ですので、別途三宮駅からポートライナーの運賃(片道250円)がかかります。

購入できるところ(発売場所)

「神戸マラソン1dayチケット」は、下記の場所で購入できます。

  • 阪神電車神戸三宮駅(西口)のサービスセンター
  • 山陽電車の西代駅、板宿駅、東須磨駅、須磨駅、垂水駅、明石駅
  • 神戸マラソンEXPO2018会場(11月16日・17日開催)※ランナー受付会場と同じ場所。

詳しくは

山陽電車では大会当日に応援用のスティックバルーン(細長い風船)の配付を行います。「神戸マラソン1dayチケット」や山陽電車の時刻表、駅の情報と合わせて、詳しくは公式サイトを参照ください。

⇒山陽電車公式サイト

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ